第52回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会

会長挨拶

第52回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会
会長 瀬戸 泰之
東京大学大学院医学系研究科 消化管外科学 教授

 この度、第52回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会を平成30年(2018年)1月13日(土曜日)~14日(日曜日)に都市センターホテルで開催させていただくことになりました。今回はメインテーマを「温故知新」とし、実り多い学会にすべく、医局員一同で誠心誠意準備を進めております。
 わが国は世界でも類を見ない未曾有の高齢化社会に向かっており、医学の領域でも喫緊の課題となっております。そこで、シンポジウムでは「高齢化社会における癌診療」と「認知症と生活習慣病」を取り上げます。特別講演、教育講演でも各領域世界の第一人者の先生方にご講演いただくことになっております。プレナリーレクチャーでは、最近関心が高まっている疾患を取り上げます。日本糖尿病療養指導士講座では「職域とライフステージを考慮した生活習慣病対策」を、日本医師会認定産業医講習更新研修では「職域におけるメンタルヘルスケア」を、いずれも2日目に予定しております。
 更なる詳細は決定次第、本ホームページにてお知らせいたしますので、随時ご確認お願いいたします。本学会が、参加される皆さまの日常の診療、研究に寄与できることを願っております。一般演題も募集いたします。多数のご出席と演題応募をお待ちしております。

このサイトについて|Copyright © 第52回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会 All Rights Reserved.